転職を考える前に知って欲しい雇われることの怖さ

マインド
 
こんにちは、もっきです。
 
 
 

あなたは仕事環境や収入に満足していますか?

 

雇われて生きる事に不満や不安はありませんか?

 
 
おそらく多くの人が何かしらの不満や不安を抱えて働いていると思います。

 
 
例えば、「給料への不満」「上司や同僚など人間関係への不満」「残業や休日出勤への不満」「将来や老後の不安」「仕事を失う不安」など様々です。
 
 

 
 

毎朝同じ時間に起き会社に行き、会社が終われば同僚と愚痴を言いながら酒を飲む。

 
その繰り返し…
 
 
愚痴を言ったところで不満は無くならないし何の解決にもならないのに…
 
 
 
 
本当に不満や不安だらけの環境から解放されたいなら、何かしらの行動を起こすしか方法はありません。
 
例えばネットビジネスもその手段の1つです。
 
 
なぜなら、何にも依存せず自分の力で稼ぐ様になれたら、嫌な思いをしながら仕事に行かなくても良いからです。
 
自分や環境を変えない限り不満や不安から解放されることはありません。
 
 
 
しかし、ほとんどの人が今の不満だらけの現状を手放そうとしません。
 
 
 
 
なぜなら、雇われて生きるという現状を維持する事が最も安全で安定した
 

生き方だと思っているからです。
 
 
確かに起業にはリスクは付き物です。
 
 
しかし、雇われることにもリスクはあるし、絶対の安定はありません。
 
 
僕の知り合いに役所で働いていた人がいたんですが、その人はストレスでうつ病になってしまい公務員という安定した仕事をやめました。
 
 
その人は今も社会復帰できていません。
 
 
 
他にも公務員ではないけど、職場の物を無断で持ち帰りそれがバレてクビになった人もいます。
 
 
公務員のように安定した仕事でも、不祥事や事故、病気といった理由で一瞬で職を失う可能性があります。
 
 
 
 
 
 
民間ならなおさらです、自分に非がなくても会社が倒産する可能性もあります。
 
 
自分が気を付ければ回避できる事もありますが、人間関係のストレスや会社の倒産は避けることが困難です。頑張って出世すればするほど上司と部下に挟まれてストレス倍増です。
 
 
 
最近はパワハラやセクハラという言葉をよく聞くようになりました。
 
自分は大丈夫と思っていても、いつ何が起こるかは誰にも分かりません。
 

会社に依存するという事は会社の都合で仕事を失う可能性も
あるということです。
 
 
20代、30代なら、まだやり直しがきくかもしれないけど、40代、50代で仕事を失ったら悲惨です… 
 
 
 
そうならない為にも、今のうちから対策を考える必要があるんです。
 
 
 
僕には、あらゆる不満や不安を持ちながら、定年まで働く勇気はありませんでした。
 
 
 

自分や環境を変え、雇われずに自分自身の力で稼ぐことが出来れば、
色んな事を我慢して働く必要も無くなります。不満や不安から解放されます。
 
 
 
世の中はどんどん変化し進化しています、今の非常識が常識になる日も必ず来ます、今需要がある会社でも5年後、10年後生き残っている保障はありません。
 
 
 
 
あなたはそれでも会社に依存し続けますか?
 
 
それとも自分で継続的に稼ぐ術を身に付け自分の力で未来を切り開きますか?
 

あなたの未来を決めるのはあなたです。
 
 
 
 
 
PS.
 
同じ職場に長年勤めると、仕事や人間関係にも慣れ、職場が居心地の良い空間になります。
 
 

好きな仕事に就いている人にとってはすごく良い事ですが、好きではないけどただ生活の為に働いている人にとって、それはあまり良い環境とはいえません。

 
 
 
その居心地の良い空間が成長意識を奪っていくからです。
 

本当はもう少し給料欲しいと思って、今の環境を捨てて新しい環境に飛び込

 

もうと思っても、「今でもなんとか生活出来てるし」「今が楽しいから」と

 
 
色々な理由をつけてなかなかぬるま湯から抜け出せなくなるんです。
 
雇われて生きる事で1番怖いもの、それは中途半端に居心地の良い環境なのかもしれません。

 

コメント